擬傷の意味

親鳥が危険を感じたときに、わざと怪我をしたような動作をして捕食者の注意をそらす行動。翼を不自然に広げながらよたよた歩いて移動し、雛や卵を守る。
主にチドリ類やシギ類など、地上に巣を作り繁殖する鳥類が擬傷を行う。危険を感じたときに必ずするというわけではなく、身を守るための行動の一種のようだ。


擬傷の用例

「外敵が近づくと擬傷を行う」