ヘルパーの意味

鳥類において、同種の他のつがいの子育てを手伝う個体を指す。共同繁殖を行う親鳥以外のメンバー。
ヘルパーは種によって様々な様式があり、親鳥の息子に当たる血縁関係のあるオスが担うことが多いが、一概には言えない。

日本でヘルパーを持つ鳥の種類としてはエナガやオナガなど、群れを形成する種となっている。
エナガは繁殖に失敗した若鳥がヘルパーになることで知られている。オナガは群れの中の若いオスがヘルパーを務める。


ヘルパーの用例

共同繁殖の様式はヘルパーの属性によって分類される。

「非繁殖ヘルパー」
「非血縁ヘルパーの割合が多い」