構造色の意味

(主にいきものの体の)微細な構造が光の波長を分光し特定の色のみを反射することでおきる現象。
カワセミやタマムシの美しい色は色素によるものではなく、構造色によるもの。色素と構造色の違いは吸収と反射の違いで、色素は特定の色以外を吸収することによって色がついているのに対し、構造色は特定の色を反射することで色がついている。

無生物でも、シャボン玉の表面が虹色に輝いて見えるのは構造色。

カワセミの構造色

カワセミの構造色。羽毛の微細構造が、特定の色の波長のみを反射することで、複雑で美しいエメラルドグリーンを生み出している。


構造色の用例

カワセミなど、構造色による美しい色彩を持ったいきものを描写するときに使われる。

「構造色の美しいグリーン」