ニホンリスの特徴

茶色や赤色を帯びた褐色のリス。本州から九州までの針葉樹林に住んでいる。主に木の上で生活をしており、朝と夜に活動する。夜は巣でやすんでいる。素早く動き、危険を察知すると警戒音を発して威嚇する。耳が大きく、冬になると耳の先に毛が生えてくる。 キツネや猛禽類が天敵だが、近年は生息地の林が減少して生息数が減少している。中国地方や九州地方では絶滅してしまったと考えられている。

タイワンリスとの見分け方

ニホンリスはタイワンリスとよく似ている。ニホンリスの腹面は白色だが、タイワンリスは褐色をしている。タイワンリスの方が体長もやや大きく40cmを超えることもある。

ニホンリスの写真

ニホンリスの生態

10ヘクタール程度の行動圏内で生活し、メス同士の行動圏が重複しないことで知られている。冬眠せずに一年中活動する。植物の種や実、芽などのほかキノコや節足動物なども食べる雑食性。冬に備えて食べ物を地中や枝の間に「貯食」する。堅いクルミの殻を前歯でうまく割る姿が印象的。3-5年程度生き、年に1-2回、春にかけて繁殖する。

発見した場所

井の頭恩賜公園内の自然文化園「リスの小径」に入ると近くで観察することができる。餌場から餌場へ移動するときに、ヒトの前を横切ってきたりする。巣箱の中には5匹ものリスが入っていて、丸い入り口から顔をのぞかせる姿が人気である。「リスの小径」の入口は2重扉になっていて逃げないようになっている。

井の頭自然文化園

経度:139.5694957 緯度:35.7006719