パルピの意味

昆虫の鼻のように伸びた器官。日本語では「下唇鬚 (かしんしゅ)」と呼ばれる。 チョウやガによく見られ、匂いなどを感じる触覚のような役割を果たす。
テングチョウのパルピは顕著で、和名の由来にもなっている。

テングチョウのパルピ

テングチョウのパルピ。鼻のように伸びている。

イシガケチョウのパルピ

イシガケチョウのパルピ。テングチョウに比べれば短いが、眼の先に伸びている。


パルピの用例

チョウやガの頭部に見れ、識別のポイントともなる。

「パルピが発達している。」
「鼻のように伸びたパルピ」