ギンイチモンジセセリの特徴

黄褐色の翅の裏面に銀色の帯が一筋走るセセリチョウ。翅の表側は黒褐色をしている。翅をピタリと閉じてとまるので、細長い腹がむき出しになる。パルピ(鼻のように突き出た部分)が大きく、黒褐色をしている。触覚は白と褐色の縞模様で鍵状の先端は黒い。
春型と夏型で銀色の帯の濃さが異なる。春型ははっきりとしているが、夏型は不明瞭。上の写真は夏型。

ギンイチモンジセセリの写真

ギンイチモンジセセリの生態

草原や河原などで見られる。幼虫はイネ科の植物を食草とするため、ススキなどが茂る河川敷は発見のチャンスが大きい。春から夏にかけて2回発生し、草原の花で吸蜜する。
イチモンジセセリに比べると分布は局所的で、河原に出れば必ず見られるというわけではない。

発見した場所

八王子市浅川の河川敷の葉にとまっているところを撮影した。夏型で銀色の帯が不明瞭だったため、最初は種がわからなかった。かなり近づいても微動だにしなかった。翅をピタリと閉じており、表側をじっくり観察することはできなかった。