ヒバリシギの特徴

全長14cmの小型のシギ。体の上面は褐色で縦斑が入っている。喉元と腹面は白く胸のあたりは淡い褐色をしている。眉斑は白っぽく背面とにたような色の過眼線が走っている。嘴は黒褐色で、足は黄緑色から黄色をしている。冬羽になると淡色に変わり、茶色が抜けていく。

ヒバリシギの鳴き声

飛び立つときなどに「プルル」という小さな声で鳴く。

ヒバリシギの写真

ヒバリシギの生態

水田や湿地に生息する。2、3羽程度の小群で行動し、浅い水辺で甲殻類や貝類を食べる。カムチャッカ半島で繁殖し、春と秋に日本に飛来する。

発見した場所

水田で採食中

冬の水田の浅い水辺を歩いているところを撮影した。1羽で歩いて水田を横切りながら餌を探していた。

海岸でキョウジョシギに混じって

海岸でキョウジョシギに混じっているヒバリシギを発見した。体の色が岩によく似ていた。キョウジョシギと並んでいると体の小ささが際立って見えた。