アオサギの特徴

日本で繁殖する最大のサギで、灰色をしている。成鳥になると冠羽をもつようになる。写真の個体は若鳥で後頭にかけての黒い帯がまだ薄い。嘴もまだ灰色だ。成長になると嘴も黄色くなる。夕方から明け方にかけて「グァ」「グァン」と鳴く。飛んでいるときは長い首をS字に折りたたんでいるのも特徴的である。

アオサギの写真

アオサギの生態

水辺に生息し、浅瀬で夕方まで採食している。魚類や両生類、爬虫類を食べる。鋭い嘴ではさんだり突っついたりする。高い木の上に枝で皿状の巣を作り営巣する。餌場から遠く離れていることも珍しくない。 天気の良い日には川沿いの石の上でじっと日光浴をしている。

発見した場所

浅川沿いで小魚を食べているところを発見した。ダイサギの群れから少し離れたところで、一羽だけで立っていた。15m程まで近づくと警戒して逃げてしまう。写真の個体には顔を覚えられてしまい、かなり警戒されている。車の通りの多い橋の下で静かにしていることもある。

八王子市浅川 経度:139.3440703 緯度:35.6621703