ミサゴの特徴

「魚鷹(うおたか)」とも呼ばれるほど魚とりが上手い鳥。頭から腹にかけて白く、長い翼に対して尾が短いのが特徴。飛んでいる姿を下から見ると、全体的に白っぽく、細長く見える。翼を閉じて木の枝や電柱などにとまっているときも、頭が白っぽく見える。目から首にかけて褐色の過眼線が走っている。脚は灰色で力強い。魚を捕らえるための棘と、第一趾が反転していていることからタカ科と区別されている。タカ科と合わせてタカ上科をなす。

ミサゴの写真

ミサゴの生態

海岸や河口部、大きな湖などの、魚がいて水面が落ち着いている場所に出没する。空中でホバリングをして狙いを定め、急降下して水面の魚を捕まえる。まれに爬虫類や鳥類を食べることもある。比較的大きな魚も両足で掴むことができる。普段は長い翼をつかってゆっくりと飛行している。初夏に樹の上や岩に作った巣に産卵して繁殖する。巣立ちから3年で成熟する。

発見した場所

福岡県大牟田市の海に近い川でみつけた。数百m先の電柱の上にとまっており、よく見ると頭が白くミサゴだとわかった。ほとんど流れのない川で獲物を狙っているようだった。しばらくすると飛び立ち、悠然と私の目の前を通りぬけて山の方へ去って行った。細長い翼をゆっくりと羽ばたいていた。ハシボソガラスを少し追いかけて威嚇したときに、大きさの違いを比べることができた。

福岡県大牟田市 経度:130.1677146 緯度:33.0495419