タゲリの特徴

翼の色と冠羽が特徴的な鳥。体の背面は濃い灰色の地に光沢のある緑や紫が入っている。頭頂部と目の下は暗褐色で、冠羽がぴょんと飛び出ている。首と腹部は白く、足は赤い。

タゲリのオスとメスの見分け方

タゲリのオスとメスの見た目はよく似ている。見分けるポイントとしては冠羽の長さが長いのがオスで、相対的に短いのがメスである。また、メスの方が頭部周辺の色が若干淡い。

タゲリの鳴き声

タゲリの鳴き声は猫のような「ミューミュー」という声や「キューキュー」という可愛らしい声で、鋭さはない。

タゲリの写真

タゲリの生態

水田や湿地などの開けた場所に飛来する。地面を歩いて昆虫やミミズなどを捕食する。夏になるとユーラシア大陸やアフリカ大陸北部で繁殖する。日本での繁殖記録はほとんどない。

発見した場所

水たまりのある農地で発見した。地面をうろうろしながら餌を探していた。4羽がいたが、個体によって褐色の濃淡が違ったのでオスとメスの違いを確認することができた。