イワガニの特徴

磯を普通にあるいており、人間が近づくと岩陰に逃げてしまう。挟まれないように注意すれば手で捕まえることもできる。月夜になると海辺から少し離れた道路にも出てきたりする。一般的には食用にしないが、みそ汁にして食べるとおいしい。

イワガニの写真

イワガニの生態

3.5cmほどの甲殻をもち波打ち際でフナムシや小魚、死んだ魚介類などを捕食する。危険を感じると岩の隙間や潮だまり逃げ込む。あまり海には入らない。

釣り餌としての利用

チヌ・石鯛を釣るための餌として利用されることもある。イワガニの腹に針を刺して海底を歩き回れるようにする「尻掛け」という付け方がある。釣具屋で購入することもできるが、岩場やテトラポットの近くなどで現地調達することもできる。

発見した場所

愛媛県中島姫ヶ浜付近で発見した。友人と月夜に照らされた海を見に行ったところ、海沿いの道にたくさんのイワガニが出てきていた。
小さなイワガニは私たちが近づくとすぐに逃げてしまったが、堤防の上で一匹だけじっとしていた。
愛媛県姫ヶ浜
経度:132.6245577
緯度:33.9576811