タンチョウの特徴

北海道に生息する、全長1mを超える鳥。特別天然記念物に指定されている。
喉から胴体までは白い羽毛で覆われており、首の背面と尾が黒い。頭頂部に真っ赤な皮膚が露出しており、和名の由来にもなっている。嘴は鋭く尖っている。足は鉛色で長い。

名前の由来

タンチョウは「丹頂」であり、「丹」は赤色を意味し、「頂」は頭のてっぺんを指す。頭が赤いことからこのように呼ばれていた。

タンチョウの写真

タンチョウの生態

国内では同等に分布する。湿原や河川などに生息し、昆虫や魚類など幅広く食べる。繁殖期にはペアで縄張りを作って子育てを行う。冬季には複数の家族群が集合していることもある。冬季と繁殖期で数百kmもの距離を移動する。

発見した場所

農地の親子

釧路から根室に向かう途中の農地で家族を発見した。親鳥に挟まれて雛鳥も採餌していた。

ペア

別の日にもペアで採餌している個体を見つけた。草原を長い嘴で突きながら餌を探していた。歩くスピードはゆったりとしていて優雅だった。