アマサギの特徴

頭から胸と背中の褐色が特徴的な小型のサギ。和名の「アマサギ」は夏羽の色が飴色に見えたことに由来する。冬羽になると褐色部分はほとんど白くなる。体の他の部分は白く、足は黒い。オスとメスは同じ色をしている。
全身が白くなるとコサギやチュウサギに似て見えるが、首が少しだけ短く、体とのバランスが異なる。

アマサギの鳴き声

他のサギ類と同じような「グワー」という濁った声で鳴く。

アマサギの写真

アマサギの生態

水田や畑に集団で飛来して昆虫や魚類、両生類など動物性のものを食べる。耕作機やウシなどの近くに集まって、それらに驚いて飛び出てきた餌を狙っている。ウシの背中に飛び乗っていることもある。夏季になるとコロニーを形成して繁殖する。

発見した場所

農地でウシの横で餌を狙っているところを撮影した。ウシの顔の近くまで寄っていたが、ウシの方は全く気にするそぶりを見せていなかった。体の大きさの違いが見ていて面白い。
収穫中の耕作機械の周囲にいたアマサギは、作物が刈り取られるのを並んで待って、機械が通ると一斉に寄って行った。