アオバズクの特徴

黄色くて大きな目が特徴的なフクロウ。全体的に濃い褐色をしていて、腹は白っぽく縦に紋が入っている。頭と体のシルエットが丸っこい。足はオレンジ色で鋭い爪を持つ。首がよく回るのも特徴だ。 昔から神社や寺の大きな木のうろに住みついたりして、人間に親しまれてきたが、巣をかけていた木が伐採されて生息数を減らしている地域もある。

アオバズクの鳴き声

日本には繁殖期に訪れ、夜になると「ホッホゥ ホッホゥ」と2回ずつ鳴く。鳴き声は少し高くてよく響く。

アオバズクの写真

アオバズクの生態

日本には5月以降、繁殖のためにやってきて、平地や山地の林で生活する。夕方になると活動を始め、昆虫類や小鳥、コウモリなどを捕食する。広葉樹林に落ちているカブトムシなどの死骸は、アオバズクの食痕かもしれない。樹洞に巣を作りつがいで子育てをする。オスが巣の外に出て見張りをしている。

発見した場所

八王子市の杉の木の高い幹にとまっているところを観察した。日中でも起きて毛づくろいなどをしていた。目が大きく、まぶたもあるので表情豊かに見えた。下に居る人間を意に介する様子でもなく、時々ウトウトしてはのんびりと過ごしていた。

東京都八王子市 経度:139.0156527 緯度:35.6582204