ウソの特徴

オスの喉元から頬にかけての紅色が特徴的なアトリ科の鳥。頭部と尾が黒く、背は灰色をしている。腹は背より淡い灰色で、腰は白い。メスは紅色ではなく全身が淡い褐色をしている。嘴は光沢のある黒で力強い。

亜種アカウソ

ウソの亜種であるアカウソは冬鳥として日本に渡来する。腹の羽毛にもうっすらと紅色が混じるのが特徴である。

ウソの鳴き声

ウソの鳴き声は高くてよく通る。「フィーフィー」という高い笛のような声で鳴く。繁殖期にはより複雑な旋律になる。

ウソの写真

ウソの生態

山地から平地までの林で見られる。夏には山地の針葉樹林で繁殖し、冬になると低地におりてくる。植物の種や木の実、芽などを食べる。時に昆虫類も食べる。

発見した場所

3月に川沿いの桜の木にとまっているところを撮影した。「フィー」と大きな声で鳴いており、観察していると下の枝まで降りてきた。腹の羽毛に若干紅色が混じっているようにも見えた。嘴に食べかけの芽がたくさんついていた。