ハナニラの特徴

淡い紫をした6枚の花びらを持つ花。原産国はアルゼンチンだが、明治期に日本に移入され帰化している。花片は白く中央に線が入っており、先端に行くほど淡い紫色になる。正面から見ると中央に3本の雄しべが見える。葉はニラのように細長く20cm程度。ニラやネギのような匂いがする。

ハナニラの写真

ハナニラの生態

日本では空き地や花壇などどこにでも咲いている。春(3〜4月)に白い花を咲かせる。多年草で、寒さにも強いため安易に植えると繁殖してしまう。

発見した場所

自宅の裏の林に咲いているものを撮影した。比較的日が当たりにくい場所でも力強く咲いている。土が柔らかいところを好んで繁殖しているように感じた。星型の白い花は控えめで悪くないが、増えすぎないように注視したい。