ヒツジの特徴

群れで行動する性質をもち、先導するものについていく。家畜としてコントロールしやすい動物なのである。草だけを食べ、外敵に気づけるよう周辺視野が発達している。危険を感じると逃げ出すが、餌をくれる人間に対して懐いたりもする。家畜化されているヒツジは日中は草を食べたり座ったりしてのんびりと暮らしている。

ヒツジの写真

ヒツジの生態

家畜化されている物も含め世界中に分布しているが、いずれも草や花などの植物を食べる。木の皮や、木の芽を食べることもある。人間に慣れていると、餌をねだったりもする。群れで行動することを好み、先頭のヒツジについていく。
150日程度の妊娠期間をへて通常1頭の仔羊を産む。

発見した場所

ニュージーランドではいたるところにヒツジがが放牧されている。その数は3000万頭以上であり、ニュージランドの人口440万人をはるかに上回る。広すぎる放牧地に水を行き渡らせるために、全長数100mもの人工降雨機を使っている。
オークランド
経度:174.7053528
緯度:-36.7916502