アカタテハの特徴

褐色の地に鮮やかなオレンジ色の帯が入るタテハチョウ。前翅の先の方は黒褐色に白い斑点がついている。後翅の縁にもオレンジ色の部分がある。翅の裏側は地味で枯れ葉のような模様がついているが、前翅のオレンジ色は透けている。
幼虫は黒っぽく体全体に突起があって毛虫のような見た目をしている。
素早く不規則に飛翔する。

アカタテハの写真

アカタテハの生態

春から秋にかけて数回発生し、日本では秋によく見られる。越冬する個体もいる。花の蜜や樹液などに集まる。幼虫はイラクサ科の植物の葉を餌とする。食草の葉を綴じ合わせた巣を作る修正を持っている。

発見した場所

海岸近くの花にとまっている成虫を撮影した。飛ぶ速度が早かったので、飛び立たれないように近づくのに苦労した。翅を閉じた裏側も比較的派手な色をしているのが印象的だった。