コイカルの特徴

イカルによく似たアトリ科の鳥。頭部や翼はイカルによく似ているが、ひとまわり小さい。オスの頭部は黒い。黒い部分が目の後ろ、首の辺りまで伸びているのがイカルとの違いだ。嘴は黄色くてこれまたイカルとよく似ているが、コイカルの嘴は先端部分が黒ずんでいる。翼は黒から紺色をしており、風切に白が入る。

コイカルの鳴き声

「キョイキョイ」「キーコキーコ」とイカルとよく似たさえずりをする。地鳴きは少し濁って聞こえる。

コイカルの写真

コイカルの生態

冬鳥として平地や山地の林にやってくる。都市部の公園などで見られることもある。木の上で硬い実を割って食べる。飛び方はイカルによく似た波状飛行。

発見した場所

冬の終わりに木の上で採食しているところを見つけた。1羽だけでいて逆光だったのでイカルかと思っていたが、よく見るとコイカルだった。しばらく同じ枝にいたのだが、モズに追いかけられてどこかに行ってしまった。