ヤマユリの特徴

夏の森で大きな花弁を開く日本産のユリ。1.5mほどまで成長するものもあり、かなり目立つ花だ。6枚の花弁の中央に黄色いラインが入り、赤い斑点が散っている。紅色の葯がアクセントになっている。葉は先が尖っており、笹の葉のような形をしている。

ヤマユリの写真

ヤマユリの生態

山地に生えており、7月ごろから花を咲かせる。発芽から開花まで5年以上がかかる。果実が熟すると300個あまりの種を散らす。

発見した場所

今熊山に入る前の斜面に10株ほどを見つけた。遠くから見てもよく目立つ花が咲いていた。
林道を進んでいると、1輪の花を再び発見し、花弁や葉をよく観察できた。

ヤマユリの動画

ヤマユリの動画をご紹介します。

林道沿いに咲いていました。