コツメカワウソの特徴

もっとも小型のカワウソである。家族群を形成して、河川や沼地、海岸等の水辺で暮らしている。肢には水かきがあり、泳ぎが得意で魚類や爬虫類などを捕食する。分厚い毛皮のおかげで水に浮くことができる。マレーシアでは飼いならされて人間といっしょに漁業をしている。日本でもかわいい顔にひかれて、近年のペットとして飼う人も出始めている。

コツメカワウソの写真

発見した場所

北海道札幌市円山動物園で飼育されている。水槽を自由に泳ぎ、時おり鳴き声を上げていた。水に飛び込んで元気に泳ぐ、岩に体をこすりつけてかく、ハンモックの上でやすむという流れを繰り返していた。
札幌市円山動物園
経度:141.3056561
緯度:43.051468