ミヤマホオジロの特徴

オスの喉元と眉斑の黄色が鮮やかなホオジロ科の冬鳥。ホオジロやカシラダカとよく似ている。特にメスは黄色が淡いため、カシラダカと見間違えてしまうほどだ。
他のホオジロ科の鳥と同じくオスは冠羽が発達し、黒い過眼線が走る。尾羽はWの形をしている。

ミヤマホオジロの写真

ミヤマホオジロの生態

山地や森林の周辺にやってくる。数羽の群れを形成し、種子や小さな昆虫類を食べる。
大陸から冬季に訪れ、越冬する。

発見した場所

長野県岡谷市の塩嶺王城パークライン展望台付近で撮影した。朝から雪がちらちら降っている日だったが、ホオジロを中心とした鳥が盛んに活動していた。木々の間で、光が当たっていない枝にオスがとまっていた。大きさはホオジロと同じぐらいだったが、喉元の鮮やかな黄色で識別できた。しばらくすると藪の中に帰っていった。