ニホンイタチの特徴

茶褐色をしたイタチ。鼻の周りの暗褐色が特徴。オスとメスで体の大きさが10cmほど違い、オスの方が大きい。胴が細長く、足が短く見える。尾はやや太くふさふさしている。指の間に水かきを持ち、川を泳いだりもする。 ネズミの駆除のために人為的に放たれた場所もある。

ニホンイタチとチョウセンイタチの見分け方

ニホンイタチとチョウセンイタチは姿がよく似ている。チョウセンイタチは対馬でしか自然分布していなかったが、現在は本州でも見られる。
見分けるポイントは尾の長さで、尾の長さが胴体の長さの半分よりながければチョウセンイタチである。また、体の色もニホンイタチは茶褐色なのに対し、チョウセンイタチはやや淡い褐色をしている。詳しくは環境省が見分け方のポイントをまとめている。
参考サイト:チョウセンイタチ及びコウノトリの見分け方

ニホンイタチの写真

ニホンイタチの生態

昼夜を問わず単独で行動する。主に川や湖沼などの水辺に生息し、水かきを使って上手に泳ぐ。木に登ることもある。辺りを警戒するときには後ろ足で立って見渡す。穴や隙間を巣として用いるほか、巣以外の穴にも好んで入る。ネズミや鳥、両生類など動物性のものを主に食べる。

発見した場所

浅川上流の川辺で発見した。こちらに気づくと泳いで数m逃げたあと、2本足で立って警戒していた。近づいていかなければ、逃げることはなく、観察することができた。しばらくするとコンクリートのブロックの隙間をするすると走り去っていった。

八王子市浅川 経度:139.302964 緯度:35.667938