アカゲラの特徴

白黒の体に赤い差し色が映える中型のキツツキ。目から頬にかけてはクリーム色がかった白だが、頭頂部と嘴の付け根の延長線にかけては黒い。オスの後頭部には赤い羽毛が生えている。腹面の尾の付け根あたりが鮮やかな赤色をしている。背面は黒地に白い斑点が交じる。後ろから見ると、肩から尾にかけて白い羽毛が逆ハの字に走っている。嘴は黒くて短い。

アカゲラの鳴き声・ドラミング

アカゲラの鳴き声は鋭い「キョキョ」という声でよく通る。ドラミングはコゲラより力強く間隔もゆっくりに感じる。

アカゲラの写真

アカゲラの生態

林で単独またはつがいで行動している。木々を移動しながら昆虫やクモ類、種子などを食べる。木の幹や皮を嘴で入念につついて餌を探す。木から飛び立つときはヒラヒラと大げさに羽ばたく。枯れ木などに丸い入り口の巣穴を作って繁殖する。

発見した場所

八王子市内の公園で発見した。コゲラのたくさんいる林を歩いていると、強いドラミングが聞こえてきた。木の幹にとまっていると、腹の赤色は意外と見えづらく、探すのに苦労する。声やドラミングを頼りに探すことになる。顔の白黒が特徴的でで、筆者はアカゲラの顔を見るとなんとなくピエロのような印象を受ける。