アオダイショウの特徴

本土最大のヘビで日本の固有種とされている。体はくすんだ緑色やオリーブ色をしており、濃い褐色をした縦縞が入っている。頭は角ばっており、目の後ろに黒い筋が入る。全長は大きいもので200cmほどにもなる。幼蛇の体の色は灰色に近く、褐色の格子が入っており、ニホンマムシに似ている。
公園や草むら、用水路など、人間が暮らす場所の近くで目撃されることから、古くから人間との関わりを持っていた。ネズミなどを食べることから益獣とされたり、一方で飼い鳥を食べてしまうことして恐れられたりもした。
山口県岩国市では白化型のアオダイショウが「岩国のシロヘビ」として信仰の対象として保護され、国の天然記念物にも指定されている。

アオダイショウの写真

アオダイショウの生態

森林や農地、水辺などに暮らす。昼行性で樹上や地表でネズミや鳥類を餌とする。人家の近くや、倉庫などでも見られる。腹部の側稜を引っ掛けることで木や壁をたくみに登る。水辺を泳ぐこともある。 春から夏にかけて繁殖し10年以上生きるとされる。

発見した場所

八王子市湯殿川

八王子市湯殿川の川の中にいるところを発見した。上から見ていると、川沿いのコンクリートの壁を、溝に沿って器用に登っていた。全長は150cm程度ある大きめの個体だった。時々舌をだしていた。

林の脇の日なたで

八王子市内の林の中にあるよく日の当たる空き地で150mほどの個体を発見した。すぐにスルスルと茂みのほうに逃げて木に絡みついた。木の枝に体をひっかけて、頭から数十cmを浮かせてあたりをうかがっていた。