保護色

読み方:ホゴショク

環境に合わせた色や模様

保護色の意味

生き物がもつ環境や背景に紛れるような色や模様のこと。保護色により外敵から見つかりにくくなる。

生物の背面(太陽の光が当たる側)が濃い色で、腹面(影になる側)が白や淡い色をしているのも保護色の一種である。


保護色の用例

「体表は保護色をしている」


保護色を含む記事

アオスジアゲハの図鑑ページ ヒラメの図鑑ページ キタテハの図鑑ページ マダコの図鑑ページ オオカマキリの図鑑ページ シロチドリの図鑑ページ

関連用語

用語集一覧に戻る