ウスバシロチョウの特徴

透けるほど薄い前翅をもつアゲハチョウで「ウスバアゲハ」とも呼ばれる。
翅は全体的に白く、翅の先端にかけて透明の帯が走る。胴体は黒く、頭部の周りにファーのようにオレンジ色の毛が生えている。シロチョウより少し大きなシルエット。
飛翔速度はそこまで速くなく、ひらひらと舞うように飛ぶ。

ウスバシロチョウの写真

ウスバシロチョウの生態

低山や林で見られる。成虫は5月ごろに発生し、花の蜜を餌とする。幼虫の食草はケシ科の植物。蛹になる時に繭をつくる。

発見した場所

4月の末に、八王子市上川町の林の縁を飛び回っている成虫を撮影した。一斉に羽化したようで、あたりにはウスバシロチョウばかりが飛んでいた。花から花へひらひらと飛び移りながら吸蜜していた。タンポポにとまった時に、前翅が透けて花の黄色が見えていた。