イカルの特徴

黄色くて頑丈な嘴が特徴的なアトリ科の鳥。和名の「鵤」は嘴がツノのように力強いことに由来している。雌雄同色で頭部からめのうしろにかけては真っ黒で体は淡い褐色をしている。風切羽は紺色をしており、初列風切には白い斑点がはいる。

イカルの鳴き声

「キョキョッ」という短い声や「キキー、キョキー」と語尾を伸ばすようなさえずりをする。

イカルの写真

イカルの生態

主に林の木の上を小群で行動する。木の実や植物の種子を硬い嘴を使って食べる。地面に降りて食事をすることもある。初夏にいくつかのつがいが集まって繁殖する。

発見した場所

八王子市内の公園内で発見した。6羽程度の群れで木の上と地面を行き来しながら餌を探していた。「キョキョ」という小さな声を出していた。縦になると、胸のあたりがとても太って見えた。体の色はシメとよく似ているが、頭と嘴の色が違うので見分けることができる。

イカルの動画

イカルの動画をご紹介します。
枝に1羽でとまっていました。