コガモの特徴

日本で見られるカモでは最小のカモ。頭部は褐色で、体は斑模様のある灰褐色。翼は濃い褐色をしていて縁が白い。脚は黒い。警戒心が強く、危険を感じるとすぐに逃げてしまう。
古くからマガモとともに食用にされてきた。

コガモのオスとメスの違い

オスは冬羽になると頭部が茶色地に緑色が入る。メスは全体的に地味な褐色で頭と体の色も変わらない。

コガモの鳴き声

オスは「ピリピリ」と小さな笛のような音で鳴く。メスは「クェッ」という声で鳴く。

コガモの写真

コガモの生態

河川や湖沼に住んでいる。日本には繁殖期の冬に飛来してきて、盛んにディスプレイをする。水辺の水草や藻を食べる。嘴を川底や岩に沿わせて食べている。つがいからなる数羽の小群で浅い川を歩いている。危険を感じた時などに素早く潜水して移動する。

発見した場所

冬になると八王子市湯殿川沿いに多数飛来する。浅瀬で藻を食べている。他のカモ類に比べて警戒心が強く、目が会うと逃げてしまう。
上の写真は午後に昼寝をしているところを撮影した。

八王子市湯殿川
経度:139.3475758
緯度:35.6383937