潮だまり

(タイドプール)

読み方:シオダマリ

干潮時に陸地に残った海水の水溜り

潮だまりの意味

干潮時に陸地に残った海水の水溜りのこと。
満潮時には海面下になり、海水が補給されるが、潮が引くと水溜りになって海から切り離される場所。

「タイドプール」とも呼ばれる。並みの影響を受けないため、流されやすい小さな魚をはじめ、多様な生物の住処となる。


潮だまりの用例

海の生き物の発見場所になる。

「潮だまりにイワシの群れが取り残されていた」
「タイドプールで生き物探し」


潮だまりを含む記事

アオリイカの図鑑ページ ゴンズイの図鑑ページ イソカサゴの図鑑ページ イソスジエビの図鑑ページ イトヒキアジの図鑑ページ イワガニの図鑑ページ クサフグの図鑑ページ ソラスズメダイの図鑑ページ

関連用語

用語集一覧に戻る