眉斑の意味

鳥の目の上に、眉のように横に走っている色の違う部分を指す。

様々な鳥に見られるが、例えばツグミの目の上の白い線が眉斑である。

ツグミの眉斑

この写真で言えば、目の上を通って首のあたりまで伸びているクリーム色の線。

漢字で書く際には注意が必要だ。眉斑の「斑」は、よく似た「班」ではなく、まだら模様という意味の「斑」が正しい。


眉斑の用例

鳥の顔の特徴を描写するときに、色に着目して述べられることが多い。

「眉斑は淡褐色をしている」
「細長い眉斑」