冠羽の意味

鳥の頭部に生えている長い羽。コミュニケーションや防衛のためのものと考えられている。「飾り羽」とも呼ばれる。

ムラサキサギの冠羽

ムラサキサギの冠羽。頭頂部から飛び出ている。

コサギの冠羽

コサギの冠羽。2本の冠羽が飛び出ていた。


冠羽の用例

サギやインコなど、特徴的な冠羽を持つ鳥を描写するときに使われる。

「夏になり冠羽が生えてくる」
「立派な冠羽」