虹彩の意味

動物の目の中の、色のついた部分のこと。目の色。
目の真ん中にある黒い部分が「瞳孔」でその周りにある部分が虹彩。瞳孔に入る光の量を調節する役割がある。

人間を始め様々な動物の目にあり、様々な色があることから、見た目の特徴を説明するときに用いられる。

例えば、カワウの虹彩は緑で、カイツブリの虹彩はクリーム色をしている。

カワウの虹彩カイツブリの虹彩

虹彩の用例

虹彩の色に特徴がある生物を描写するときに使われる。

「赤い虹彩」